夫と妻の浮気チェックリスト

このページでは、浮気チェックリストを掲載しています。

不安になったら実践!浮気チェックリスト

「配偶者や恋人の行動がおかしい…、浮気しているのではないか?」。そんな不安に苛まれ、疑心暗鬼になっていませんか?以下に男女別のチェックリストを掲載していますので、まずは実践してみてください。

夫(彼氏)は浮気していないか?チェック表

□残業や出張が増え、不在がち
□曖昧な言い回しや、嘘が増えた気がする
□頻繁に携帯電話をチェックしている
□携帯電話に触れると怒る
□誕生日やクリスマスなど、イベントの日に逢えない
□セックスの回数が減った
□髪型やファッションなどについて、褒めてくれなくなった
□気が付くと、自分が彼に尽くしている
□女性の香水の残り香や、長い髪の毛の付着などに気付いた
□どう考えてもお金遣いが荒くなっている

該当箇所が1~2個の場合なら、心配なし。

3~7個の場合は要注意…、今は大丈夫でも、今後に不安が残ります。特に「過去(自分と結婚/交際していない時)に浮気の経験がある」男性の場合は、危険度が増します。

8個以上の場合、残念ながら浮気はほぼ確実です。

妻(彼女)は浮気していないか?チェック表

□特定のきっかけ(同窓会や飲み会など)から、外出が増えた
□自分の知らない趣味や活動の機会を持ち始めた
□夫(恋人)の予定を詳しく確かめるようになった
□夫(恋人)の不在に文句を言わなくなった
□料理や家事など、身の回りの世話の手を抜くようになった
□頻繁に携帯電話をチェックしている
□携帯電話に触れると怒る
□セックスを拒まれる回数が増えた
□金遣いが荒くなっている
□見覚えのない装身具が増えた(贈り物の可能性が高い)

該当箇所が1~2個の場合なら、心配なし。3~7個の場合は要注意なので、今後の動向をよく見守ってください。8個以上の場合、残念ながら浮気はほぼ確実です。

浮気調査は自分でできないの?
探偵を利用した方がいい理由

自分で浮気調査をするには、スマホやLINEなどを見せてもらって確認するか、怪しいと思った言動を本人に直接問いただすなどの方法があります。

また、言い逃れができないように浮気の現場をおさえて証拠もつかまなければなりません。

しかし、このような方法は、当事者が行うと感情的になって冷静さを失い、証拠をつかむ前に失敗に終わってしまう可能性が高いです。

そのため、浮気調査を行うなら、探偵に依頼した方がいいでしょう。

探偵に浮気調査を依頼すると、さまざまなメリットがあります。まずは、尾行の成功率が高くなるということです。

調査員は相談者のパートナーやその浮気相手と顔見知りではないため、少し目が合ったとしても気づかれる心配がありません。

もし気づかれそうになっても他の調査員が対応すれば問題ないので、浮気の証拠をしっかりおさえることができます。

また、探偵に調査を依頼すると、裁判で有力な証拠をつかむことができるというのも大きなメリット。もし離婚調停や裁判に発展した場合、自分に有利にすすめるために浮気をしているという決定的な証拠を見せることが大切です。

探偵は浮気調査のプロですので、どのような証拠を揃えれば裁判で有利になるのか熟知しています。証拠がなくて泣き寝入りすることがないように、しっかりサポートしてくれるので心強いです。

そのほか、探偵は写真や動画、GPSなどの最新機器を使って調査を行ってくれることも利点でしょう。写真や動画のカメラも超望遠レンズのものを使用しているため、ある程度行動がわかる距離であれば近寄らなくても撮影することができます。

相手に近づくことなく浮気現場の証拠をおさえられるため、気づかれるリスクを減らすことができるのです。

探偵に浮気調査を依頼すると、このように冷静な判断力と高い情報収集力で、しっかりと浮気の証拠を集めてくれるでしょう。自分で調査するよりも確実に調査をすすめてくれるので、きちんと問題を解決することができます。

探偵を利用せずに自分で浮気調査をする方法は、ほかにもあります。

自分で浮気調査をする方法>>>

いかがでしょうか?いよいよ不安、という結果となったら、プロの力を頼るという選択肢もあります。「相談は無料」という探偵会社も多いので、ぜひ門扉を叩いてみて下さい。

こんな行動、増えていない?
浮気の疑いがある行動

パートナーが浮気をしているかも…。そう思ったら、このような行動がないかチェックしてみましょう。

チェック1(スマホ・携帯電話)

スマホや携帯電話は、浮気を見破るための大きな手段です。特にパートナーが急にスマホや携帯にロックをかけ始めたら要注意です。

これまでロックをかけていなかった人が急にロックをするということは、何か見られたくないものがある証拠です。浮気している疑いが強いと見ていいでしょう。

また、スマホや携帯を肌身離さず持ち歩くようになる、一緒にいるときに電話がきても出ない・またはすぐに切るという行動も浮気の兆候といえます。

これらの行動には、浮気相手からの電話やLINEの通知を見られたくない、電話の声で浮気がバレるのを防ぎたいという心理が表れています。

チェック2(行動パターンの変化)

以前と比べ、急に残業や友人との付きあいが増えて、帰りが遅いことが多くなったという場合は注意が必要です。

浮気をするとこれまでと行動パターンを変えざるを得なくなるため、このようなことを言い訳にして浮気をしている可能性が高いといえます。

また、パートナーが急に体型や洋服などに気をつかうようになるのも怪しい行動です。

例えば、女性の場合はこれまでしていなかったネイルをしたり、髪型や服装がおしゃれになったりすると、浮気を疑った方がいいかもしれません。

チェック3(言動の変化)

パートナーが急に冷たくなったり、逆に急に優しくなったりするのも浮気の兆候である可能性が高いです。

このような言動は、パートナーに対しての気持ちが以前よりも冷めてしまった、浮気をしていることの後ろめたさなどが影響しています。

思い当たる節がある場合は、注意が必要かもしれません。