自分で浮気調査する方法

このページでは、自分で浮気調査する方法を調べています。

自分で浮気調査する方法

夫(妻)や彼氏(彼女)が浮気しているかもしれない…、そんな不安が生まれても、決定的な証拠を掴めない限りは、相手を責めるわけにもいきません。そこで「自分で浮気調査する方法」をいくつか紹介してみたいと思います。

携帯・スマートフォンを調査

携帯電話の中はプライベートな情報だらけ。配偶者や恋人にも、見せたくない内容が詰まっています。

近年は画面ロック機能が標準搭載されていますから、中身を見るのはなかなか大変ですが、運良く解除できたら、まずチェックしたいのは「アルバム」や、メール・LINEなどに残された「メッセージ」。動かぬ証拠が発見できる可能性が高くなっています。

とは言え用心深い相手の場合、写真やメッセージはすぐ消去している可能性も…。そんな時に試してみたいのが、「日本語の予測変換」です。

メッセージなどで文章を打つ際、直近で変換した単語の候補が出てきますから、メッセージ内容を類推していくことも可能です。「あ」と入力すると「愛している」「会いたい」などが出てくるようなら、要注意かも…。

さらにネットブラウザの履歴もチェックを。デートスポットなどの情報を頻繁にチェックしているようなら、別の相手との逢瀬を重ねている可能性が高まります。

また「この前は解除できたのに、今日はダメ」といったように、直近でロック解除の方法(パターンなど)を換えている場合も怪しいと言えそうです。

持ち物・車内調査

携帯電話に比べ、やや難易度が低いのが持ち物調査です。相手が席を外している隙にお財布などをチェック。ラブホテルのレシートや、コンドームなどが出てきたら、浮気の可能性は大。

また車の中は、かなりの確率で証拠が残りやすいもの。浮気相手の髪の毛、同乗した際に立ち寄った場所のレシート、そしてカーナビの検索履歴などから、行動が推測できます。

これらの方法はただ漫然と行うのではなく、必要ならノートへ日時とともに記入したり、写真に撮っておくことが大切です。

自分で尾行する

地道な調査が功を奏し、相手の浮気現場を押さえられそうになったら、自分自身で尾行するという方法もあります。

その際は変装を辞さない覚悟が必要ですが、慣れ親しんだ相手からは、すぐに見破られてしまうという危険がありますので、周到な用意が必要です。

調査が成功しても…

仮に上記のような方法がすべて功を奏し、見事浮気現場を抑えることができたとしても、調査対象に情が残っている場合、適切な対応を行えない可能性が高くなっています。

感情的に相手を責めてしまう、動揺して物的証拠を押さえられない、などなど…。それでも「浮気調査をしていた」という事実を悟られてしまうため、関係は悪くなるばかりでしょう。

やはり、浮気調査はプロの手に頼るのが一番。きちんと証拠を押さえれば、示談に持ち込めるので、浮気相手に金銭を請求できる(依頼料が清算できる)可能性もあります。また関係修復が難しい場合でも、慰謝料請求の明確な材料となってくれますよ。

事前相談料は無料という探偵会社も多いので、まずは話を聞いてもらうところからはじめてみましょう。