示談について

このページでは、浮気・不倫にまつわる示談について調べています。

浮気・不倫にまつわる示談

配偶者の浮気に悩み、探偵会社に浮気調査を依頼する場合、依頼者のゴールには大別して以下の2つが考えられます。

  1. 証拠を提出のうえ、浮気関係を清算してもらう。
  2. 証拠を提出のうえ、配偶者と離婚したい。

いずれの場合も家庭裁判所で「訴えが妥当であるか」判断された後、示談に進み、何らかの結論が導き出されることになります。場合によっては、泥沼化していくこともあるでしょう。

結婚生活は続けたい場合の示談

例:夫の浮気に悩む妻が、探偵社などに依頼し、証拠を掌握。とは言え離婚する気はなく、浮気関係の清算だけを求める。

このようなケースの場合、妻は夫とその浮気相手に対する訴えがあります。示談になる場合、どのように発展していくのでしょうか。

  • 夫に対して…婚姻関係を続けていく意思があるため、通常、慰謝料などの支払いは発生しない。あくまで夫婦間でのペナルティを話し合う。
  • 浮気相手に対して…10~80万円の慰謝料を請求できる。

上記が一般的な展開となります。「慰謝料が低すぎる!」と感じる人もいるかもしれませんが、あまり不当な額を請求しても、相手が弁護士を立ててきた場合、取り下げざるを得ませんので、相場を知っておきましょう。

もし探偵会社の浮気調査費用が数百万円までに膨らんでいる場合、夫に負担させるのが妥当と言えます。

離婚したい場合の示談

例:妻の浮気に悩む夫が、探偵社などに依頼。浮気の証拠を掌握し、離婚に持ち込む。

このようなケースの場合、夫は妻とその浮気相手に対する訴えがあります。示談になる場合、どのように発展していくのでしょうか。

  • 妻に対して…離婚はもちろん、慰謝料を請求できる。
  • 浮気相手に対して…慰謝料を請求できる。妻の分も含め一括請求も可能。

上記が一般的な展開となります。離婚へと至る場合は「家庭生活を破壊した関係」とみなされますので、請求額の相場も上がります(妻、浮気相手に総額で200~300万円)

探偵会社の浮気調査費用が数百万円までに膨らんでいても、多くが清算できるでしょう。