解決までの流れ

このページでは、浮気調査の流れを調べています。

浮気調査の流れ

配偶者や恋人が、浮気しているかもしれない…、そんな悩みが募った時、探偵社などのプロフェッショナルに専門調査を依頼することができます。

とは言え、浮気調査の詳細はなかなか見えてこないもの。以下にその流れを紹介していきましょう。

1.問い合わせ

浮気調査を依頼する探偵会社に関して、インターネットなどである程度候補を絞り込んだら、問い合わせを行います。

近年はほとんどの会社が自社公式サイトを運営し、内部に「問い合わせフォーム」を設けているので、必要事項を記入すれば返信が来るでしょう。この段階では、まだ詳細な個人情報を伝える必要はありません。もちろん日中は、電話受付も行われているはずです。

コンタクトが取れたら、次に依頼者の状況を説明する「面談」の機会が設けられるでしょう。

2.面談・相談

探偵会社に直接足を運び、相談を行います。ほとんどの探偵会社は、この相談を無料で行っていますので、現状を詳しく説明し、アドバイスを受けて下さい。

なお対象者、そしてその浮気相手に関する詳細な最新情報を用意できているほど、のちの浮気調査はスムーズに進みます。自力で用意できるものは、できるだけ揃えたうえで面談に臨みましょう。

また会社へ訪れた際は、内部をよく見回して、「探偵業届出証明書は掲示されているか」「スタッフは何名程度いて、怪しげな雰囲気はないか」など、さりげなく厳しい目でチェックしてください。

探偵会社と契約を結んだ後は、その手腕に頼るよりほかはありません。本当に信頼できる相手かを見極められるのは面談の機会だけなので、気を引き締めて。

また喫茶店などを面談場所に指定してくる探偵会社は「内部を見られたくない=信用度が落ちる」と考えておきましょう。

3.契約

面談やメールなどでのやり取りを通し、調査内容やその方法、そして費用などについてよく話し合い、双方が納得できれば契約を結びます。

探偵社は、契約書や重要事項説明書などの書類を作成/提出することが、法律で義務付けられています。

4.浮気調査スタート

契約時に説明された内容に準じた浮気調査が、スタートします。とは言え、対象者も人間なので、不測の事態や思うように調査が進まない、などの問題が発生することもあるでしょう。

依頼者にとっては「待つしかない」辛い時期になりますので、あらかじめ「調査報告をこまめに行ってくれるか否か」をきちんと確認し、より良い探偵と契約を締結してください。

5.報告を受ける

依頼内容に叶う結果が導き出せた時点で、浮気調査は終了となります。 その後探偵社は、結果を報告書にまとめ、依頼者へと提出します。

決め手となる証拠の形式(写真、動画など)は、探偵社によって異なりますので、あらかじめ「どのような証拠を希望しているか」を伝えておきましょう。

なお近年は、写真より動画の方が説得力がある証拠とされ、裁判でも頻繁に採用されているようです。

浮気調査依頼に必要なもの

パートナーの浮気を疑う場合には、浮気調査や不倫調査を依頼してみましょう。

相手に疑いをかけたままだともやもやしますし、個人で調べるのには限界があります。

恋人や結婚相手との今後の付き合いをハッキリさせるためにも、プロによる調査は重要です。

さて、プロによる調査をしてほしいと思ったら、まずは浮気や不倫の調査に必要なものを用意しましょう。

用意するものは、調査対象者の個人情報です。顔写真や勤務先住所、車のナンバーなど、出来るだけ細かいものをリスト化しておくと良いでしょう。

また、浮気相手の素性を知っている場合は、そちらの情報も出来るだけ渡しましょう。

細かな情報があればあるほど、調査をきっちりと行えます。

浮気調査を依頼する前には準備が大切!

上記のように、調査を依頼する際には、そのための準備がとても重要になります。

生半可な気持ちで依頼を行うと、調査結果に傷つくことも増え、心がまいってしまうこともあります。

例えば浮気や不倫がはっきり確定した場合、相手にも家庭があるようであれば、自分の家庭から慰謝料を支払わなくてはならないケースもあります。そのような覚悟を突き付けられることも少なくありません。

浮気のはっきりした証拠、きっかけなどをしっかりつかんでおくことで、もしも裁判になった時にも冷静に対応出来ます。

そのためにも、自分で調べられることは、出来るだけ自分で調べておくようにしましょう。

心の準備も出来ますし、依頼もスムーズに進みます。

・行動や言動をメモで記録

まずは、調査対象の行動や話したことをしっかり記録しておきましょう。

記録しておくことで、もしも裁判になってしまった時でも、それが有利に働くこともあります。

また、相手が嘘をついているかどうか見破る材料にもなります。

すべてを記録しておくことで、外出時の時間や、その時の行動に矛盾を見つけやすくなります。

そこから徐々にぼろが出て、浮気や不倫の決定的証拠になることもあります。

また、行動や言動について、発した日や時間も細かく記録しておくと良いでしょう。

例えば、何月何日何時頃、夫が帰宅、今日は残業で遅くなったと言った、といったように記録を付けます。

そうすることで浮気相手と会う日のパターンがつかめる可能性もあります。逐一メモしておき、しっかり保存しておきましょう。

言った、言わないの水掛け論は、それを証明する人がおらずにうやむやになることが多いものです。文書として記録する癖をつけておきましょう。

・携帯電話のチェック

調査相手の携帯電話には、様々な証拠が眠っている場合が多いです。

大切なパートナーの携帯電話を盗み見るのに気が引ける、という場合でも、心を鬼にしてチェックしてみることがおすすめです。

まず、浮気相手とのメールや通話のやりとりが残っていれば、それをプリントアウトして文書として残しておきましょう。

またアドレス帳に浮気相手の名前が登録されている場合、誕生日や住所が登録されていないかも同時にチェックしておきましょう。

後に消されることがあっても、それが重要な証拠となり得ます。仮に裁判になったとしても、それらの証拠はかなり有利に働きます。

また、メールや通話などの相手とのやりとりがすべて削除されている場合でも、諦めてはいけません。

携帯電話の機種によっては、GPSの履歴や、写真の履歴、削除の履歴が見られるものもあります。

根気よく証拠を探してみましょう。チェックするところはメールや通話だけでなく、携帯電話の隅々までです。

・調査対象者の交友関係をチェック

浮気相手だけではなく、調査対象者の交友関係もくまなくチェックすることが大切です。

例えば、調査対象者の友達や会社の人に話を聞くことが出来れば、残業が本当にあったかどうかや、本当にこの日に飲みに行ったのか、などの嘘を見破ることが出来ます。

さらに、調査対象者が知人に浮気や不倫のことを話していることも考えられます。そこから証拠を見つけられることも考えられます。

またそれだけでなく、交友関係の把握は浮気相手との関係性や出会いまでも知ることが出来る可能性があります。

例えば調査対象者である夫の交友関係にある特定のキャバクラの従業員が浮上した場合、相手もそこの従業員である、という可能性が高まります。

このような交友関係の把握は、相手のやっているSNSから調査することがおすすめです。

友達一覧をチェックしたり、相手の名前が出てくる投稿をチェックしたりすることで、おのずと交友関係が浮かんできます。また同時に、出来る範囲で聞き込みを行う、という方法もおすすめです。

浮気調査はタイミングが大切!

また調査を依頼する際には、タイミングも重要です。

まずは前述の通り、自分である程度証拠や情報を集め終わったタイミングで依頼することが大切です。

集めた証拠などが全くそろっていない状態ですと、調査も長引くため金額も高くなってしまうので注意が必要です。

最低限の情報集めが終了したら、依頼の準備を行いましょう。

またもう一つは、ある程度のお金を確保できたタイミングで依頼するということです。

浮気や不倫の調査には、探偵費用を含め、調査スタッフの交通費などもかかるため、思ったよりも費用がかさむ場合が多いです。

調査対象者が浮気相手に貢いでいた場合などは、知らない間に貯蓄が減ってしまっているということも考えられます。

費用が足りないと、調査が中途半端に終わってしまう危険性もありますので、しっかり費用が確保出来ることを確認し、それが分かったタイミングで、依頼を行いましょう。

また精神的なタイミングをはかることも大切です。浮気の証拠集めをしている間に精神的に辛くなり、心を病んでしまっては、意味がありません。そしてそのようなケースは少なくありません。

限界が来たら、証拠集めを第一ではなく、自分のことを第一に考えて、心を守りましょう。

このように、自分に合ったタイミングで依頼を行うことも大切です。

また、調査を依頼する業者の選び方も重要です。

出来るだけ自分の住んでいる地域の範囲で探すのが良いでしょう。

例えば大阪に住んでいる場合は、浮気調査 大阪、不倫調査 大阪 などでインターネットで検索してみましょう。

費用は自由設定になりますので、業者によって大きく差が出ます。様々なところをチェックして、比較検討することが大切です。

浮気調査をする前には心構えが必要?!

浮気調査を依頼するということは、大切なパートナーの裏切りをはっきり知る可能性が非常に高まります。

場合によっては、離婚で裁判になり、お金も時間も削られることになるということもあります。

逆に、自分の家庭から慰謝料を払わなくてはならないといった事態も考えられます。

このように、調査を依頼するということは、スッキリすると同時に、ずっと自分の心に負担を抱えることになることもあるのです。

もちろん、場合によっては心のつかえが取れてスッキリ出来、新たな一歩を踏み出すきっかけになることもあります。

しかし、上記のようなことも考えられますので、しっかりと心の準備をして、パートナーと別れることになるという覚悟も決めておきましょう。

また逆に、どのような結果になっても別れることはしない、というような覚悟を決めておく人もいます。

どのような真実が発覚しても、パートナーを愛し、寄り添い続けるということにも大きな覚悟が必要になります。

相手との関係性をよく考え、自分がどうしたいかをしっかり決めておくことも重要です。

ある程度腹をくくっておくことで、心の傷も最小限にすることが出来ます。

それでも調査を依頼したいという場合は、しっかり情報を集め、しかるべきタイミングで依頼をしましょう。