解決までの流れ

このページでは、浮気調査の流れを調べています。

浮気調査の流れ

配偶者や恋人が、浮気しているかもしれない…、そんな悩みが募った時、探偵社などのプロフェッショナルに専門調査を依頼することができます。

とは言え、浮気調査の詳細はなかなか見えてこないもの。以下にその流れを紹介していきましょう。

1.問い合わせ

浮気調査を依頼する探偵会社に関して、インターネットなどである程度候補を絞り込んだら、問い合わせを行います。

近年はほとんどの会社が自社公式サイトを運営し、内部に「問い合わせフォーム」を設けているので、必要事項を記入すれば返信が来るでしょう。この段階では、まだ詳細な個人情報を伝える必要はありません。もちろん日中は、電話受付も行われているはずです。

コンタクトが取れたら、次に依頼者の状況を説明する「面談」の機会が設けられるでしょう。

2.面談・相談

探偵会社に直接足を運び、相談を行います。ほとんどの探偵会社は、この相談を無料で行っていますので、現状を詳しく説明し、アドバイスを受けて下さい。

なお対象者、そしてその浮気相手に関する詳細な最新情報を用意できているほど、のちの浮気調査はスムーズに進みます。自力で用意できるものは、できるだけ揃えたうえで面談に臨みましょう。

また会社へ訪れた際は、内部をよく見回して、「探偵業届出証明書は掲示されているか」「スタッフは何名程度いて、怪しげな雰囲気はないか」など、さりげなく厳しい目でチェックしてください。

探偵会社と契約を結んだ後は、その手腕に頼るよりほかはありません。本当に信頼できる相手かを見極められるのは面談の機会だけなので、気を引き締めて。

また喫茶店などを面談場所に指定してくる探偵会社は「内部を見られたくない=信用度が落ちる」と考えておきましょう。

3.契約

面談やメールなどでのやり取りを通し、調査内容やその方法、そして費用などについてよく話し合い、双方が納得できれば契約を結びます。

探偵社は、契約書や重要事項説明書などの書類を作成/提出することが、法律で義務付けられています。

4.浮気調査スタート

契約時に説明された内容に準じた浮気調査が、スタートします。とは言え、対象者も人間なので、不測の事態や思うように調査が進まない、などの問題が発生することもあるでしょう。

依頼者にとっては「待つしかない」辛い時期になりますので、あらかじめ「調査報告をこまめに行ってくれるか否か」をきちんと確認し、より良い探偵と契約を締結してください。

5.報告を受ける

依頼内容に叶う結果が導き出せた時点で、浮気調査は終了となります。 その後探偵社は、結果を報告書にまとめ、依頼者へと提出します。

決め手となる証拠の形式(写真、動画など)は、探偵社によって異なりますので、あらかじめ「どのような証拠を希望しているか」を伝えておきましょう。

なお近年は、写真より動画の方が説得力がある証拠とされ、裁判でも頻繁に採用されているようです。