HOME » 浮気調査とは?解決に近づく基礎情報 » 浮気・不倫調査の注意点

浮気・不倫調査の注意点

このページでは、浮気調査期間の注意点について紹介します。

浮気調査期間中の注意点

配偶者の浮気にたまりかね、ついに探偵会社へ依頼…!長い間疑惑や不安に悩んできた依頼者にとっては、一大決心を実行した直後です。

後は調査員の活躍に期待し、調査報告を待つだけ…。とは言え、この期間(1週間~数ヶ月)の行動に注意しておかないと、せっかくの調査を台無しにしてしまう危険があります。以下をチェックしてください。

いつも通りに振る舞う

探偵の調査を待つ間、依頼者は期待と不安、そして緊張の入り混じる複雑な心境を経験することになります。しかし、配偶者にその動揺を悟られてはなりません。極力いつも通りに振る舞い、計画を悟られてはならないのです。

特に注意したいのは、行動です。探偵社に訪れるために早朝や夜遅くなど、いつもとは違う時間に外出していると、気配を感じ取られやすくなります。

また相手に対する態度にも、神経を配ってください。必要以上に優しくしたり、冷たくするのはNG。配偶者はすでに「浮気をしている」という負い目があるため、あなたの心理の変化にも敏感です。

もちろん「もうすぐ浮気がバレるのよ」などと、優越感に満ちた態度を示すのも、ダメ。これまでと変わらない態度/行動を慎重にキープしてください。

金銭管理は特に気を付けよう

探偵社への調査料は、数百万円にまで嵩む可能性があります。配偶者に金銭の流れを気取られてしまうと「何にこんなに、お金を使っているんだ」と詰問され、調査自体が露見してしまう心配があります。

依頼の際は、そこまでを慎重に計算し、あらかじめ金銭を管理しておく必要があると知っておきましょう。

また「浮気の証拠を掴んだら、離婚を申請して慰謝料を請求する」と決めつけすぎないこと。配偶者の行動が慎重で尻尾がつかめない可能性もゼロではありません。「捕らぬ狸の皮算用」で暴走し過ぎてしまわないよう、注意してください。