HOME » 浮気調査とは?解決に近づく基礎情報 » 【特集】浮気・不倫調査してもらった人の事例集

【特集】浮気・不倫調査してもらった人の事例集

このページでは、探偵会社に依頼して不倫調査してもらった人の事例を紹介します。

不倫調査の事例集(1)妻の浮気を疑ったAさん

「結婚から7年、夫婦共働きなのですが、最近妻の態度が明らかによそよそしくなってきたと感じていました。彼女の行動を振り返ってみたところ、毎週火曜日の帰りが遅いことに気づいたんです。気が咎めましたが、彼女の入浴中に携帯電話を盗み見たところ、頻繁にメールを交わしている男性が特定できました。

そこで悩んだ末、探偵会社さんに依頼したんです。探偵会社の人は「相手の携帯電話番号、メールアドレスがわかっているので、調査しやすい」と太鼓判を押してくれました。そして依頼から2週間の間に、2度妻を尾行し、男性とホテルへ入店する決定的な証拠(ビデオ動画)を押さえてくれたのです。

やはり火曜日でした…。その日、妻は私に「同僚と飲んで帰るから」と、白々しいメッセージを送信してきていました。当初は離婚まで考えていなかったのですが、その身勝手さに猛烈に腹が立ってきたので、探偵会社に、法的な効力のある資料の作成を依頼。

現在は家庭裁判所で離婚調停中ですが、こちらには確たる証拠があるので、勝訴は間違いなさそうです。」

不倫調査の事例集(2)夫の浮気を疑ったBさん

「以前から夫の浮気に悩まされてきたのですが、今回は相手に妊娠の気配があるようなので、気が気ではありませんでした。自宅に女性から、脅迫めいた電話がかかってきたのです。

夫に問い詰めたところ、否定はしたものの、その顔色は青ざめていました。そこで、私が単独で探偵社に依頼したのです。調査の結果、相手は職場の元同僚で、30代後半の独身女性ということでした。さらに彼女の妊娠は、どうやら狂言であることもわかったのです。

私は調査結果を夫に突き付け、浮気相手との関係を清算するように迫りました。今度ばかりは夫もグウの音が出ず、大人しく私の指示に従いました。お陰で家庭に平和が戻ったので、本当に依頼して良かったと思っています。夫もさすがに懲りたようで、家庭で過ごす時間が多くなりました。」

不倫調査の事例集(3)夫の浮気を疑ったCさん

「最近夫の帰りが遅く、休日も一緒に過ごしてくれなくなってきました。たまに家にいる時も、誰かと頻繁にメッセージをやり取りしていたり、見たことのない下着やネクタイが増えたりしていたので、不信感が募りました。そこで探偵社に相談したのです。

私の方に浮気相手の情報が何もなかったため、調査は少し難航したようですが、最終的には密会の現場を写真、動画で押さえてくれました。「ゴルフに行く」と家を出た日、早々に切り上げて浮気の時間を作っていたようです。

しばらく考えてみましたが、やはり離婚に踏み切ることにしました。探偵社への支払いは100万円を超える結果となりましたが、慰謝料で清算できそうです。」