HOME » 浮気調査とは?解決に近づく基礎情報 » 浮気・不倫の証拠能力の違いを把握

浮気・不倫の証拠能力の違いを把握

何より浮気・不倫の証拠が重要【確かな証拠発見と活用テク】

「証拠あるのかよ?」と言うのは子供の口喧嘩でよく用いられる言葉ですが、この言葉は大人の世界でも用いられます。主に、浮気調査の際にですが。

しかし、こういった話は証拠がもっとも重要であり、怪しいだけで追求しても証拠がなければただの言いがかりにしかなりませんし、慰謝料の請求もできません。

そのため、追求するためには決定的で、言い逃れのできない証拠を用意する必要があります。

裁判で離婚が認められる決定的証拠一覧

裁判において決定的な証拠となるものを紹介しましょう。

写真

主に用いられる証拠が、写真です。写真に浮気現場の瞬間が写っていれば、重要な証拠の一つとなります。しかし、手を繋いでいるだけといったものの場合、決定的な証拠とは言い難いです。

「昔から仲が良かったからつい思わず」的なことをいわれてしまえばそれ以上の追求は不可能です。

生々しい話になりますが、キスの現場やラブホテルに二人して入った瞬間などが決定的な浮気・不倫の証拠となります。しかし、一回の写真だけでは効果は期待できません。

複数回、最低でもラブホテルなら3回、自宅なら5回ほど日別で出入りしている写真が必要です。なお、この時顔が鮮明に写っていないと「私ではない」と突っぱねられてしまいますので気をつけましょう。

さらに、滞在時間も40分以上でなければ有効とはいえませんので、時間がわかるようにしましょう。

動画

写真よりもさらに説得力があるのが、動画です。写真よりも克明に浮気現場を記録できるため、提出できれば写真以上に決定的な証拠となります。

近年ではスマートフォンなどで動画撮影も楽になり、昔ほど困難ではなくなりました。しかし、撮影する際には周囲の人に怪しまれないように気をつけましょう。

なお、上の写真と併せてラブホテルに入った時間や回数なども事細かに記録し、証拠として提出することでより効果を発揮します。

というよりも、一回だけの記録だと「ワンナイトラブだ」と称して一回きりの関係だと言い放ち、言い逃れをするというケースもあります。実はこの言い訳は非常に有効であり、法的には不貞行為に該当しなくなるのです。

音声

動画に加え、さらに音声のデータも判明すれば、ぐうの音も出ない証拠品となります。といっても、ただの買い物の時の会話程度では決定的な証拠として弱く、また、レコーダーによっては聞き取りにくいため言い逃れをされやすくなります。

収録方法としては盗聴器を仕掛けるといったことをすることになりますが、浮気相手と思しき家に侵入し、無断で盗聴器を仕掛けるのは犯罪行為になりますので個人で行なうのはおすすめできません。

メール

パソコンやスマートフォンの中には浮気の決定的証拠となるものが多くあります。例えば、携帯のメールや、ツイッターなどのSNSはあなたに内緒のアカウントやアドレスがあり、そこで不倫のやり取りをしている可能性が十分にあります。

これらのやり取りのログは実際に裁判でも多く使われます。といっても、注意深い場合はログインにもパスワードを求められたりと容易に調べることができないので注意しましょう。

探偵の調査記録

探偵に依頼して証拠を集めるというのは、お金はかかりますが法廷で争う時に非常に心強いです。

というのも、探偵に「法廷で使用する決定的証拠を集めてくれ」と依頼することで、上記の証拠品を一通り集めてくれる上に、法定で決定的なものばかりになるからです。

これは探偵の調査能力にも左右されますが、信頼できる探偵事務所に相談すれば本当に浮気している際ほぼ確実に慰謝料が請求できます。

しかし、その分費用がかさむため場合によっては得られる慰謝料が大幅に減ってしまったということもあります。まずどの程度かかるのか、それを帳消しにするにはいくら慰謝料を請求すればいいのか考えましょう。

なお、調査報告書も裁判時に証拠となります。

証拠は単品より複数用意するに限る!

裁判で有利になるためには、証拠は複数用意するのが好ましいです。写真一枚、録音一種類だけじゃ場合によっては言い逃れをされてしまう可能性もあります。しかし、複数種類証拠品を用意すれば言い逃れが難しくなり、追求しやすくなります。

証拠は、決定的であればあるほど役に立ちますが、それでも効果に制限があり、どれも一種類だけでは言い逃れをされやすい可能性は極めて高いですが、複数種類用意すればあらゆる面から追求できます。

また、これら証拠は裁判ではなく夫婦間の話し合いでも活用することができます。

集めた証拠の有効活用術

集めた証拠はここぞという時に使うことで効果を発揮します。ここでは、そんな証拠の有効活用術を紹介します。

集めたものは一気に出さないのが定石

手の内を全部明かしてしまうというのは、あまり良くありません。少し少し小出しにすることで「もっとたくさんの証拠を集めているぞ」という印象を与えましょう。

そうすることで突っぱねられる可能性は減り、相手に「もしかしたらもっとたくさん弱みを握られているかも」と思われ、こちらの有利な条件に話を持っていきやすくなるからです。

証拠が少ない時にこの方法は非常に強力であり、相手に心理的なプレッシャーを与えて自供させやすくなります。

よって、証拠は小出しにしましょう。

弁護士や司法書士に頼る場合

この場合、法定では基本的に任せておけばいいので話が苦手な人は是非おまかせしましょう。というよりも、弁護士に任せたほうが無難であり、確実です。

たしかに雇うにはお金がかかりますが、相手が実際に浮気していた場合、確実に弁護士を雇って答弁を行なうため、勝ったとしても請求できる慰謝料が大幅に減る可能性は極めて高いからです。

かかる費用や念頭に置くべきことを自分で把握し、信頼できる弁護士を探し、依頼しましょう。

自分で行なう場合

自分で行なう場合、とにかく証拠を徹底的に揃えて相手が言うであろう言い訳に対する返答もきちんと応えられるようにシミュレーションを繰り返すことが重要です。

浮気の報告書は探偵を雇うことで作ってもらえるので、それを元に考えるのが良いです。

また、証拠品は箱出しで出しましょう。報告書の提出も一部のコピーのみを提出するようにしそのまま全部渡さないように注意しないことです。

自力で浮気・不倫の証拠集めをする場合

探偵に依頼せずに、自分で証拠品を集めるというのはあまりおすすめできません。というのも、リスクが非常に高いからです。

尾行をすれば顔が知られているので見つかりやすく、見られたらその場で別れられて尻尾をつかめない確率が高くなり、余計に調べにくくなります。

また、それでも証拠を集めたとしても、あまり意味がないこともあります。というのも、前述した証拠品は場合によっては証拠として採用されないものが多いのです。

例えば写真などは回数や時間が判明していないと効果は薄いですし、ボイスレコーダーやメールのやり取りもいくらでも言い訳が可能なので単体では効果はないに等しいのです。これら証拠は色々な組み合わせではじめて意味を成すものなのです。

証拠品として力が弱いだけではなく、逆に「勝手な思い込みであとを付け回して深く傷ついた」などといわれ、慰謝料を請求しなければならないこともあり、泣き寝入りしなければならない事態に陥ることもあります。

向こうに非があったとしても、法的に効果がなければ無意味です。

そんなことにならないように、調査力に長けた探偵に依頼し、確実に証拠を集めましょう。

たしかに金銭面のリスクはありますが、裁判で負ければそれ以上の金銭を奪われてしかもこちらが悪いということになってしまうのです。

そうならないためにも、確実に勝てる備えをしましょう。