3つのポイント

より良い探偵事務所・興信所の選び方を調査しているページです。

より良い探偵事務所・興信所の選び方とは

浮気調査について調べ始めると、たくさんの探偵事務所・興信所の情報に行き当たると思います。「どこを選べば…」と迷ってしまう人も多いのでは?そこで以下に、留意したい3つのポイントをまとめてみました。

ポイント1:明朗な料金体系

探偵事務所や興信所へ依頼する場合、最も気になるのが料金です。まず浮気調査には、以下のような費用が必ず生じてくると、頭に入れておいてください。

【浮気調査にかかる費用内訳】

  • 調査料金…調査人員への料金。実働時間や日数、人数により価格が動く。
  • 経費…調査に必要となる交通費や宿泊費、通信費など。
  • 成功報酬…成果に応じて支払う報酬。
  • 手数料…報告書の作成費。

いかがでしょうか?上記を考え合わせると、探偵への依頼にはどうしても50万円以上の費用がかかります。専門技術を持つ人材を数名、何時間も動かすわけですから、致し方ないとも言えるでしょう。

中には「激安」を謳う業者もいますが、安易に信用するのは考えもの。上記の内訳の一部分だけを紹介し、請求時にはすべてを計上してくる可能性もあります。そうした不透明さは、不信感にも繋がりますよね。

例え「パック」や「プラン」が提示されていたとしても、上記の内訳は必ず請求されるもの。この事実を知ったうえで依頼先候補の料金体系を見直し、より明朗と思われる場所へ相談するようにして下さい。

ポイント2:調査力

探偵事務所/興信所の仕事と言えば「調査」になるわけですが、その内容は謎のベールに包まれた部分も多くなっています。中には手付金だけを受け取り、ほとんど調査を行わない悪徳業者も存在しているので、注意が必要ですよね。

調査力のある業者か否かを見極めるには、契約前の相談を活用してください。とは言え「ウチは調査力がなくて…」と告白する業者などいるわけがありませんし、実際の調査を見学もできません。そこで、以下だけは必ず確認するようにして下さい。

  • 自分のケースに適用される調査法を、詳しく説明してもらう。
  • 調査に使用される機材(カメラなど)について説明してもらい、
    現物を見せてもらう。
  • 可能であれば、調査報告書の見本を提示してもらう。

上記のような要望に、真摯に対応してくれる業者は調査力もありそうです。

ポイント3:サポート力

手付金を払い、調査報告を待つ間、依頼者は不安な気持ちに苛まれるもの。こうした心理面のケアにも心を砕いてくれる業者は、信用に値します。その見極めにも契約前の相談を活用し、業者のサポート体制をチェックしてください。

  • 調査中にマメな活動報告を行ってくれるのか。
  • 調査報告だけでなく、不安や疑問に対応する体制は整っているか。
  • 浮気調査後に生じる示談などについての、アドバイス力はあるか。
  • 弁護士や行政書士、司法書士との提携や紹介サービスはあるか。

上記の要素を複数クリアできる業者なら、安心して任せることができそうです。