HOME » 探偵事務所・興信所の選び方 » 探偵と興信所の違い

探偵と興信所の違い

このページでは、探偵と興信所の違いについて調べています。

探偵と興信所の違いとは?

「浮気調査をプロに依頼しよう」と考え、インターネットなどで情報を検索していると「探偵」と「興信所」の2種類が浮かび上がってくるのではないでしょうか?「一体、何が違うんだろう…?」と考えても、不思議ではありませんよね。

しかしテン年代の現在では、両者の対応業務に多くの違いはありません。では、昔はどうだったのかと言うと、探偵は浮気調査などがメイン、興信所はもう少し手堅く身辺調査や企業調査を請け負っていたようです。

そのため年配の人は、探偵よりも興信所に「良いイメージ」を抱いている可能性があります。

信頼度を優先して依頼先を選ぼう

しかし、先述のように、近年は探偵会社と興信所の対応業務に大きな違いはありません。探偵会社も企業調査を行うし、興信所も浮気調査を請け負うのです。

むしろ「興信所なら安心」と安易に考える方が、問題。それよりも各社の情報をよく吟味して、最も信頼できそうな依頼先を選ぶことが大切です

探偵にしろ、興信所にしろ公的な機関ではなく、民営のサービスです。創業者のバックグラウンドにより、得意/不得意分野に差が出る可能性もあるのです。

自分の依頼したい内容を得意としているか、実際にどのようなサービス内容(調査法や調査結果の報告法など)を提供しているのか、よくリサーチしてください。もちろん、信頼できる会社であるかどうかを調べることも大切です。

都道府県公安委員会から「探偵業届出証明書」の発行を受けていることは大前提ですが、それだけでなく良心的な料金体系を組んでいるか、親身に相談に乗ってくれるか、口コミ評判は良いかなど、さまざまな角度からサービスを検討してみることが大切。

満足のいく結果を導き出すために、自分自身で情報収集を行い、より良い業者と出合ってください。それが「探偵社」であれ、「興信所」であれ、大きな違いはありません